2018年8月2日(木)の日経新聞一面をわかりやすく解説

厚労省の分割検討

自民党は今月にも厚生労働省の分割を念頭に置いた提言を安倍晋三首相に渡す。これを受け、政府は分割への検討を本格化する。2001年に誕生した厚労省は働き方改革など新たな政策需要に対応しきれていないと判断した。政策立案を強化し、生産性を高める。20年を目標に旧厚生省と旧労働省の業務の2分割による新体制を発足させる計画だ。~日経新聞より引用~

:今回はどういうお話?!?!

「厚生労働省」の業務を2つに分けるというお話ですね。

:どうして?!?!

厚生労働省は以前は「厚生省」と「労働省」に分かれていましたが2001年にこの2つが統合をして「厚生労働省」になったのです。もともと2つに分けていた業務を1つにしたので業務量が多くて追いついていない状態にあります。

:そうなんだ……。

:厚生労働省が担当している暮らしや生活に関わる分野、働き方の分野など、「今」必要な業務が多く、時代の流れと共に本当に忙しくなっているようです。

:だから分割しましょう。って話になっているんだね!




Follow me!