2018年8月6日(月)の日経新聞一面をわかりやすく解説

在宅医療拠点 整備遅れ

 

医療費の抑制に向け、政府が進める在宅医療の体制整備が遅れている。全国の4分の1にあたる452市町村で医師らを派遣する中核施設がなく、人口あたりの施設数は都道府県の間で最大4倍の格差がある。入院せずに自宅で過ごす在宅医療は患者のニーズも大きい。空白を埋めるには、一般の医療機関との連携といった運用面の対策を進める必要がある。~日経新聞より引用~

:今回はどういうお話?!?!

:在宅医療の整備が追いついていない。とあお話ですね。
※在宅医療とは…高齢者などが入院や病院に通うのではなく、自宅に医者などに来てもらって医療行為を受けること。




:どうして追いついていないの?!

:大きく理由は2つあります。

①在宅医療を希望する人が多い!!

②医師や訪問看護師などの人員が足りていない!!!

③入院できる環境が少ない。

:なるほどねぇ。。。どうして在宅医療を希望する人が増えているんだろう。。。

:まずは団塊の世代と言われる人口のとても多い世代の人達が診療が必要な高齢になってきたため、そもそも診療が必要という人が増えた事にありますね。
あとはやはり最後は住み慣れた自宅で過ごしたい。という人が多いというのもありす。

:そうなんだねぇ。その気持ちはわかる気がするっ!

:そうですね!なのでさまざまな機関が協力して在宅医療を受け入れる環境を作ることや「早く退院できる技術」なども必要です。③の「入院できる環境が少ない」というのは早く退院できる環境が整って入院できるベッドに空きができれば解決できますからね!




Follow me!